経営コンサルタントについて

経営コンサルタントとは?

「経営コンサルタント」という言葉を聞いたことはありますか?ざっくりご説明させていただくと、様々な企業が抱えている問題点や課題を改善・解決するために様々な角度から支援する立場にあるのが経営コンサルタントなのです。

経営コンサルタンとコンサルティング会社

自社内で対応していくことが難しいような経営課題に対して独自のノウハウや経験、実績等をもとに支援してくれる会社がコンサルティング会社となります。例えば、Webを使ったビジネスを展開している企業が、その効果をもっと高めていきたいとなったような時、社内にこれに対応できる人材やノウハウがあるのであれば、自分たちで解決していけますが、ないとなった場合には、これらに関して独自のノウハウや経験、実績を有した外部の企業に依頼をする必要があるわけです。ここで出番となるのがコンサルティング会社(この場合であれば、Webコンサルティング会社)なわけです。

経営コンサルタントの収益源は?

経営コンサルタントの収益源となるのは、コンサルティングフィーと言われる、各プロジェクトに関与するコンサルタントの工賃(アドバイザー料金)となり、この金額は各経営コンサルタントや会社によってバラツキがあります。当然、経営コンサルタントはそれぞれに特色や強みなどを有しており、経営戦略、事業計画の策定に強いところもあればWebビジネスに強いところもあれば、組織・人事改善・強化に強いところ、あるいは、ITビジネスに強いところなど様々な人がいます。

経営コンサルタントにも種類がある

経営コンサルタントには、定期的に顧問先を訪問して指導する「顧問企業指導型」、執筆や講演会という場で活躍する「執筆・講演型」、社員研修を主に行う「トレーナ」、企業の目標売り上げを達成できたら成功報酬を支払ってもらえる「アメリカ型経営コンサルタント」などがあります。

経営コンサルタントの仕事内容

経営コンサルタントの仕事内容をご初回します。経営コンサルタントはクライアントの都合に合わせるため、深夜や休日に仕事をすることもあります。

  • 会社の経営状態を診断し業績アップにつなげる
  • 会社や商店などの経営状態を診断し、経営体質の強化や今後の方針について指導やアドバイスをするのが経営コンサルタントだ。クライアント(依頼主)の要望に合わせて、経営の効率化や合理化のための診断、人事や賃金の見直し、設備投資計画の作成などを行う。
  • クライアントが提出する資料では診断材料が足りない場合は、独自に調査も行う。また、企業向けに、従業員の能力開発セミナーの講師を務めることもある。
  • 企業の経営指導を行うために、日ごろから国内外の経済動向、法規制や法改正の動き、IT関連機器の開発状況、賃金や雇用の動向などの情報を収集・分析し、それを仕事に生かす。

職場

経営戦略・生産効率・組織改革など企業経営全般に関する問題を、調査や分析をすることによって解決策を見つけ指導を行う経営コンサルタント。最近ではリスクマネジメントや環境問題などの対応業務も増えているといわれており、日々の経済の動きや法改正、新技術の開発などのさまざまな情報を仕入れることも経営コンサルタントにとっては大切であるといえます。経営コンサルタントの職場としてはコンサルティング会社やシンクタンク、会計事務所、中小企業診断士事務所などがあります。従業員の意識向上のために企業向けのセミナーの講師を勤めることもあり、活躍の場は多いでしょう。

経営コンサルタントとしての存在価値

経営コンサルタントとして何をしてあげられるかをはっきりしないと、経営コンサルタントとして自分自身の存在価値を失うことになります。経営コンサルタントは、経営判断の基本となる経営理念や社是・社訓などとその背景を十分理解する必要があります。どんなに業績の良い企業でも、必ず問題点を抱えています。それを明確にし、足りない部分をどのように補っていくかの方針を明確に立てます。短所だけで長所が全然ない企業もないでしょう。長所・強みをどちらの方向に、どのように伸ばしていったら良いのかを明確にし、それを実現していくお手伝いをするのです。

経営コンサルタントを開業するには?

経営コンサルタントとを開業するのでしたら、特に資格はなくても開業は出来ますが、経営に関するなら「中小企業診断士」と云うように、その分野の公的な資格がないと、クライアントの信頼を得られないでしょう。自分の得意な分野に絞り、その分野で、より深く、より最新の知識を身につけることが必要です。ただし、それだけで経営コンサルタントとして開業することは出来ません。専門知識を実践の場で自在に表現できるように訓練することも必要です。また、 実際に始めるには、知人などの口コミ、タウン誌で広告を出したり、商工会や商工会議所に相談するのも良いかと思います。

中小企業診断士と経営士

経営コンサルタントは、一般的に、企業や個人からの依頼に答え、経営戦略、会計問題、営業を強化したり、労務問題と多岐に渡って解決していく人のことをいいます。経営コンサルタントといってもどんな仕事内容なのかをあまり知らない人も多いのではないでしょうか。実際に名乗れば誰でもなることが出来る仕事の一つであり、資格等はいりません。実際には色々な資格を持っている人や経験を積んだ方がなることが多いイメージですが経営コンサルタントの人たちはどんな資格を持っているのかを説明いたします。経営コンサルタントには次の2つの代表的な資格があります。

「中小企業診断士」
国の中小企業施策との関連で経済産業省の国家資格である「中小企業診断士」。クライアント企業の経営状態を調査・分析し、改善案の立案・実施の支援を行うこととなっています。
「経営士」
日本経営士協会の「経営士」という資格もあります。民間資格ですが、経営に関する相談・診断・指導・調査・企画・教育訓練並びに管理を業とする者及び業としようとする者となっています。

経営コンサルタントになる前に

経営コンサルタントになる方法は、経営コンサルタントとして何をやりたいかによって選択が異なると思います。

クライアントは大企業か中小か

中小の経営コンサルタント会社では、大企業に入り込むのはかなり難しいのが現状です。大企業を相手に仕事をしたければ、大手の経営コンサルタント会社(「コンサルティングファーム」と呼ぶことがあります)に若いうちから入社するのが一つの方法でしょう。それが外資系の場合には、MBA(経営学修士)が求められることが多々あります。日本にある企業の99%は中堅・中小企業です。ちょっとしたアイディアや改善提案でも業績が急激に改善されることが多々あります。ここでのポイントは、企業は人によって運営されていることを忘れてはいけないことです。大企業は組織で運営されているのに対して、中堅・中小企業は理屈だけでは変化が起こらず、ひとり一人の社員が動けるように心が通いかつ具体的なアドバイスをしていくことを心がけましょう。

日系のコンサルタント会社

日系のコンサルタント会社の場合には、実務経験が必要で、とりわけ組織的な活動の効率的な進め方は経営コンサルタントになってからも大いに役に立つでしょう。でも、そこでできることは、大きな歯車のひとつとなって、大きな歯車を部分的に修復したり、置き換えること程度しかできない場合もあります。

経営コンサルタントという職業

経営コンサルタントというのは、企業や組織、時には個人からの依頼により、依頼主の要望に応じて臨機応変に対処する職業といえます。クライアントが、自分の会社のどこに問題があるのか、問題点がわからないこともあります。問題はわかっていながら、どう対処したらよいのか困っていることもあります。それどころか、問題も、その解決策もわかっていながらコンサルタントに依頼してくることもあります。解決策を実行する人材が社内にいないということがその理由です。そのような時には、実務的な部分までコンサルタントが協力することもあります。

経営コンサルタントの役割

経営コンサルタントとは、良い感度のアンテナを持って、調査・分析により問題を発見し、その原因を追及し、その問題の解決策を企画し、勧告します。提案内容を依頼主に理解してもらい、それを実施させ、効果を上げてもらわなければなりません。それが財務の問題であったり、営業強化、生産効率、経営情報化、原価管理、労務、時には個人の税金対策や個人の悩みまで含まれることもあります。社員研修などは、その良い例でしょう。社員の能力を向上させたくても、それをどのように進めていったらよいのかということになると、大企業でも最適な講師がいないこともあります。

経営コンサルタント不要の企業づくりを目指す

経営コンサルタントの真の仕事は、「経営コンサルタント不要の企業づくり」であり、経営コンサルタントとはそれを企業に実現してもらうことに協力する知的専門家といえます。経営コンサルタントがいなくても業績がのびていける企業体質を持ってもらわないといつまで経ってもコンサルタントがいないと独り立ちできない企業のままで、経営コンサルタントが協力した意味がないのです。

経営コンサルタント不要の企業づくり将来性

企業の競争が激化している今日、経営コンサルタントによる大胆で的確なアドバイスや提案が求められています。日本では、中小企業が企業全体の90%以上を占めると言われています。これらの企業の多くは現在、なんらかの課題を抱えて打開策を模索しているため、経営コンサルタントが活躍する機会は大いにあり、将来性も明るいものだと考えられます。